ニュース

December 30, 2020

日本ポーカー連盟

日本におけるポーカーはまだまだこれからで、日本は今ようやくカジノ営業を確立していこうとしているところです。日本はカジノ業界デビューにまだ漕ぎつけていませんが、ポーカートーナメントについてはちょっとした工夫を凝らして実施されています。日本ではギャンブルが現在禁止されており、プレイヤーたちはサービスや物品の賞品を獲得することになります。これなら全く問題がなく、ギャンブルの範疇には入りません。こうしたトーナメントは韓国やフィリピンでも行われています。日本ポーカー連盟が日本における様々なポーカー関係のアクティビティを監督しており、トーナメントの実施についても統制しています。 日本ポーカー連盟(JPA)とは? この連盟は日本でポーカーを促進する唯一の団体で、日本政府によって監督されています。同連盟は日本のプレイヤーたちが海外のポーカートーナメントに参加することを大々的に奨励する活動も行なってきました。そうした活動を行う唯一の団体として、JPAは日本の他のゲーミング組織とは異なる責任を有しています。JPAは非営利団体で、ポーカーに関する日本社会の認識を整えていこうとしており、特にそのことは新たなポーカープレイヤーを生むことに貢献しています。 ポーカーの位置付け: 他のゲームと比べ、ポーカーが市民権を得るまでにはまだまだ余地があります。競馬やパチンコとは比較になりません。とはいえ、ポーカーの現在と未来に希望がないということではありません。それどころか、ポーカーは着実に成長を遂げているカードゲームの一つです。国内では多くのポーカートーナメントが定期的に開催され、ポーカーを促進してきました。ポーカーはまだ発展途上ではありますが、社会で受け入れられるようになることは間違いありません。 トーナメント: トーナメントに関して、日本はユニークな評価を受けています。日本はすでに世界のゲーム大国となっていますが、近年JPAの主催による様々なポーカートーナメントが話題となっています。これらのトーナメントの多くが海外で開催されるイベンへの中継地点となっているのです。各種団体と提携して、JPAは最高のトーナメントを開催するだけでなく、ポーカー界における日本の評価を高めています。今後数年にわたってまだまだ努力は必要ですが、近年の成果には目を見張るものがあり ます。 暗号通貨: 通常のギャンブルから暗号通貨まで、JPAはポーカーを促進するための努力を行ってきました。JPAは、コインポーカーが暗号通貨を初めて導入する際に協働しています。これが今後日本にどのように貢献することになるかを見守りたいと思います。 結論: JPA は日本でポーカーを促進する非営利団体です。JPA は国内のみならず海外でもトーナメントを開催しています。日本がギャンブル界にデビューしようとしている現在、ポーカーや他のカジノゲームの人気が高まっていくことが予想されます。JPA のような組織のおかげでポーカー人気はすでに形成されつつあります。

日本ポーカー連盟