NEWS

page : [1] [2] [3] [4] [5] [6]

3月13日 大阪シアターセブンで「ママの約束」上映

2015年03月03日
photo_01
ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜
十三藝術市民大学プレ企画
忘れない福島 原発も戦争もない未来のつくり方

3月13日(金)19:00〜
午後7時〜映画「ママの約束」上映 
8時半〜トーク
NPO法人 淀川文化創造館シアターセブン
http://www.theater-seven.com/

大阪市淀川区十三本町1−7−27 サンポードシティ5階
入場料  1500円
ticket@tjeater-seven.com
主催/シアターセブン

映画「ママの約束~原発ゼロでみつけた本当の豊かさ」
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=ZPF7hASOcOg   
STORY:画家でジャーナリスト、二児の母である増山麗奈が3.11以降 関東から移住してきた神戸市北区のたんぼを耕しながらドイツ、福島、インドで撮影したドキュメンタリー映画。元東京に住んでいた都民として、福島にリスクを押し付けてしまったこと、イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配して産んだことを娘に伝えた母、増山麗奈は「戦争や原発のない平和な世界を」という娘との約束を実現するため旅にでる。ドイツの廃炉や核のゴミ、福島の旧警戒区域の真実、福島の子と行ったインドでの文化交流、食とエネルギーの自給を目指した稲作などに挑戦する地球サイズのロードムービー!
出演:小出裕章  山本太郎  藤波心  志葉玲  セバスティアン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会会長)  木田節子  オリバー・ストーン  河野太通  武藤類子  佐々木るり  広河隆一 松本なみほ 増山麗奈 りあん あいしゃ ゆずき ミーナ
編集:鵜飼邦彦 太賀慎一 増山麗奈
写真・映像・資料提供: 広瀬隆 森住卓 ドイツ廃炉業者EWN社 チェルノブイリへのかけはし 野呂美加 志葉玲

3月21日(土)札幌での「ママの約束」上映が決まりました!

2015年03月03日
photo_01
3月21日(土)札幌での「ママの約束」上映が決まりました!

映画「ママの約束」札幌上映会 +増山麗奈監督×宍戸隆子さんトーク「忘れない福島」


○午後5時から〜「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」上映

○午後6時半から 増山麗奈監督+宍戸隆子さんトーク 

【入場料】1500円(ワンドリンク付き)

【会場】フェアトレード雑貨+レストランみんたる

札幌市北区北14条西3丁目2-19 Tel & Fax:011-756-3600 mikayon@mintaru.com

共催 みんたる アースアートファクトリー 
協力 佐々木伸

【上映作品】

タイトル「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=ZPF7hASOcOg

 原発事故をきっかけに東京から神戸市に避難してきた画家でジャーナリストの増山麗奈は、田んぼに挑戦しながら、アート活動を行う二児の母だ。
 東京人として福島の電気を使ってきたことを悔やんでいる増山は、田舎も都会もすべての人々が幸せになる豊かさを目指している。

 増山はある日「原発や戦争の被害がない平和な未来を」と8歳の娘と約束する。そして約束を守るために、この映画が制作された。

 東北関東に広がる汚染、甲状腺エコー検査の様子、焼却することで再拡散されるがれきや除染廃棄物・・。福島、ドイツ、インドへ旅立ち、原発廃炉の様子や自然エネルギーで自給するドイツの村、伊方原発地元などを訪ね原発立地地域の人々の声も届ける。

 特に 日本が原発輸出を計画するインドへ行き、ストリートチルドレンを経験した子どもたちと福島の少女が交流し一緒に大きな平和を願う絵を描くラストは圧巻。

 普通の人が社会を始めるために何かを始めたくなる映画です。

増山麗奈 監督 / 撮影協力 志葉玲

出演/山本太郎 小出裕章 広河隆一 オリバー・ストーン 

セバスティアン・プフルークバイル博士(ドイツ放射線防護協会) 

松本なみほ

1/17 ママの約束ショート版上映会+トーク [原発と防衛の利権構造を暴く!]

2015年01月14日
photo_01
photo_02
2015年1月17日(土)
ママの約束短縮版上映会+トークショー
[原発と防衛の利権構造を暴く!]

午後5時〜「ママの約束 短縮版」上映(20分)
その後〜ジャーナリスト田中稔さん ×増山麗奈トーク


【場所】スペースgara.tokyo
東京都千代田区 内神田3-21-2 
JR 神田駅 北口 徒歩 30秒
【価格】1000円(飲み物、軽食つき)
【企画】アースアートファクトリー
080-6687-4118 (増山麗奈)


田中稔さん  
ジャーナリスト  社会新報編集次長 
記事の中で「最後の大物フィクサー」という表現が
名誉毀損に当たるなどとして原発警備会社社長に損害賠償を求められた経験がある。
「SLAPP(恫喝)訴訟を闘う」・「原発フィクサー」訴訟の会とともに訴訟を闘う。(先方の訴え取り下げで終結)
田中氏の闘いは、フランスの国境なき記者団やCPJ(米国のジャーナリスト保護委員会)で紹介された。

ママの約束とは・・・

画家でジャーナリストの増山麗奈が「原発も戦争もない未来をつくる!」という娘達との約束のため作ったドキュメンタリー映画。

今全国で上映キャンペーン中
https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=M09jmAYtJdo

ママの約束Blog http://mamanoyakusoku.blogspot.jp/
FACEBOOK 、ツイッターもフォローしてね!



映画「ママの約束~原発ゼロでみつけた本当の豊かさ」 90分


STORY:画家でジャーナリスト、二児の母である増山麗奈が3.11以降 関東から移住してきた神戸市北区のたんぼを耕しながらドイツ、福島、インドで撮影したドキュメンタリー映画。元東京に住んでいた都民として、福島にリスクを押し付けてしまったこと、イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配して産んだことを娘に伝えた母、増山麗奈は「戦争や原発のない平和な世界を」という娘との約束を実現するため旅にでる。ドイツの廃炉や核のゴミ、福島の旧警戒区域の真実、福島の子と行ったインドでの文化交流、食とエネルギーの自給を目指した稲作などに挑戦する地球サイズのロードムービー

出演:小出裕章  山本太郎  藤波心  志葉玲  セバスティアン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会会長)  木田節子  オリバー・ストーン  河野太通  武藤類子  佐々木るり  広河隆一 松本なみほ 増山麗奈 りあん あいしゃ ゆずき ミーナ
編集:鵜飼邦彦 太賀慎一 増山麗奈

写真・映像・資料提供:

広瀬隆一 森住卓 ドイツ廃炉業者EWN社 チェルノブイリへのかけはし 野呂美加 志葉玲

2/13 大阪十三「なんでやねん芸術フェス」アートで関西を元気に!

2015年01月13日
photo_01
photo_02
関西発!ホットな文化発信 ☆ 2015年4月からシアターセブンで映像・絵画・音楽をつくる 感じる まなぶ 十三芸術市民大学を開講、なんと私が初代アート学部の学部長に就任します!その第一弾のプレ企画として、2月13日に十三芸術市民大学アート学部学部長 増山麗奈プロデュース「なんでやねん芸術フェス」を開催いたします。
若手ロックバンド「Anartist」作詞作曲の十三芸術市民大学テーマソングも初披露します!

「なんでやねん芸術フェス」〜十三芸術市民大学プレ企画〜
【日時】2015年2月13日(金)19:00〜(開場18:30) 
【料金】1500円 子ども半額
【場所】NPO法人淀川文化創造館 シアターセブン
大阪市淀川区十三本町一丁目7−27サンポードシティ5F
【アクセス】阪急十三駅から徒歩3分
【問い合わせ】 06-4862-7733
   ticket@theater-seven.com 
【主催】シアターセブン 
【協力】クリエイティブアワード関西 
    アースアートファクトリー

【内容】
アートで関西を元気に!
お笑いだけじゃない。ここは総合芸術の聖地なのだ!
絵画、映画、彫刻、音楽、マンガなど新しい表現を創造、鑑賞、応援する十三芸術市民大学が開講します!プレ企画としてアートが社会をどう変えるのか、今最も熱い4組が語り合います。
阪神からうまれ 世界をゆるがした60年代ハプニング「具体」から アサヒビール共催アートコンペ『クリエイティブアワード関西』最新グランプリ作家まで絵画・パフォーマンス映像・ライブを紹介。関西発アートの可能性を探ります!

【トーク出演】
HARMONISM(ハモニズム)アーティスト
クリエイティブアワード関西2014グランプリ受賞。
スペイン生まれ、大阪出身。 商品企画プロデュースのクリエイティブディレクター。HARMONISM名義で絵、写真、パフォーマンスを発表。 ギターの先にハケを付けて絵を描く“ギターペインティング”が注目を集める。
   
増山麗奈 画家 映画監督
十三芸術市民大学アート学部 学部長
著書が岡本太郎賞入選。インドやイラク、ドイツと国際アート交流。美術雑誌や新聞で美術評論を執筆。監督映画「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」全国上映中。インターネットTVを発信する歩くメディア人間!

田中冬一郎  アートプロデューサー
『面白い事が大好きな』日常系アートプロデューサー。金融機関で働く一方で地域、社会課題解決の『新たな可能性』を切り開く観点からアートに注目。2007年に『キッカケ作りのアーツNPO』輪音(わおん)プロジェクトを設立。代表理事として様々なアートプロジェクトの企画実行を担当中。

♪十三芸術市民大学テーマソングをライブ発表!♪
The Anartist(アナーチスト)四人組ロックバンド
十三芸術市民大学テーマソングを作詞作曲。「この国を救うのは、武器じゃない。人を守るための声だ!」社会批判や自己矛盾をVo.カドイリョウが強烈なサウンドに乗せて主張。R&R、パンク、ラップ、ジャンルに囚われないサウンド

2月7日 ママの約束 和歌山で上映です。

2015年01月12日
photo_01

映画『ママの約束 原発ゼロでみつけた本当の豊かさ』上映と
増山麗奈監督トーク&アート

開催日時 2015年2月7日(土)
 開場 午後6時00分
 開演 午後6時15分
  第1部 ドキュメンタリー映画『ママの約束 原発ゼロでみつけた本当の豊かさ』上映(上映時間約90分)
  第2部 増山麗奈監督トーク&アート(約30分予定)
会場 和歌山市中央コミュニティセンター1階 多目的ホール(小)
     和歌山市三沢町1丁目2番地
上映協力券(前売・当日とも)
 一般500円  大学生200円  高校生以下無料  避難者無料

主催 映画『ママの約束』を観る会・和歌山
連絡先 090-5465-3105(西郷)
 メール: s_akira_56@yahoo.co.jp
※駐車場の台数が限られていますので、極力乗り合わせて来られるか、公共交通機関をご利用ください。

チラシPDF


主催者の方のBlog
http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/41994368.html

内海洋一さん、小野澄義さん、烏野久子さん、貴志公一さん、金原徹雄さん、小谷英治さん、西郷章さん、佐藤弘文さん、竹内孝子さん、田村悠紀栄さん、西出いづみさん、馬場潔子さん、藤崎豊さん、渡辺陽子さん(映画『ママの約束』を観る会・和歌山 代表)
皆さん、ありがとうございます!

大阪でママの約束の上映会が決まりました。

2015年01月12日
photo_01
こんにちは!このモーションギャラリーのページを通じて、

大阪での上映が決まりました。

保養にこられた母娘の方と対談もします。

是非多くの方に見に来ていただきたいです。よろしくお願いいたします!

2015年3月29日(日)「ママの約束」上映会&トーク 

   12時半開場 1時〜映画上映&トーク


【入場料】500円 子ども無料

【上映後対談】保養に来ている結羽ちゃん母娘と増山麗奈監督

【場所】速成寺 大阪府大阪市生野区勝山北4-8-7  06-6712-5720

【主催団体】真宗大谷派 速成寺

目標金額の45%をクリアしました!ママの約束キャンペーン

2015年01月12日
photo_01
みなさまのおかげで目標金額の45%をクリアしていますが、裏目標は100万円なのでまだ1割以下!毎日ママの約束についてつぶやいて行こうと思います。
是非全国上映、応援してください。


5000円でアートポストカード付きDVDを買っていただくことから、応援していただけます!旅費を稼いで、全国に出張上映+取材にいきたいので、応援おねがいいたします。辺野古で逮捕者の出た沖縄にもいって、最新の報告動画を撮影してきたい。
応援お願いします!

「ママの約束」全国上映で地域社会を活性化!
https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku


きっかけは原発事故 メディアが報じない真実を凝縮
この映画を撮影、監督、編集した監督である私増山麗奈は、二人の娘を連れて、東京から神戸まで避難し、田んぼを耕しながらアート活動、ジャーナリストとしての活動を行っています。
2011年の5月、福島で子どもを心配するお母さん達と出会い、東京で自分たちが享受してきた贅沢な暮らしによって、地方にリスクを押し付けてきたと気づきました。
田舎も都会も、貧しい人も豊かな人も、すべての子どもたちを守りたい!と決意し、
映画「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」を3年かけ制作しました。

「311後の地球を生きるため、最低限これだけは知っておいてね!」
と娘たちに伝えたい内容を取材しまとめたら、
(●首都圏も含む放射能汚染 ●警戒区域の現実 ●甲状腺被害 ●原発輸出●原発のゴミが兵器となって戦争で使われている)など
メディアが伝えない真実をぎゅっと濃縮した映画になりました。
映画のラストシーンは、前回モーションギャラリーで実現した
「福島の今をインドに伝えるツアー」で撮影いたしました。
応援してくださった皆さんに本当に感謝しています!
モーションギャラリーから産まれた映画を、
モーションギャラリーで育ててください!

いま、集団的自衛権や秘密保護法などの動きがあり、メディア規制が強まっています。
核にまつわる大切なことが人々につたわりにくくなっています。
だから「ママの約束」を通じて、大事な真実を多くの人に伝えたい!
(映画の展覧会評をY新聞から掲載拒否されたこともありました。)
こうなったらもう、自力で発信していくしかない!
と原発事故から4年の2015年、全国でこの映画を出張上映するツアー実行を決意しました。

核を片付け、健康を守るために、どうすればいいの?
原発マネーに頼らない、各地の宝やエネルギーを生かした地域づくりとは? など
「ママの約束」を通じて、各地で知識と深め、輪をひろげたいと願っています。
この映画といっしょに、各地に平和の種をまきましょう!

[news]映画「ママの約束」全国上映キャンペーン始まりました!

2014年12月18日
photo_01
モーションギャラリーで映画「ママの約束〜原発ゼロでみつけた本当の豊かさ〜」上映キャンペーン始まりました!
すでに3名の方に応援いただいています!ぜひご支援お願いいたします。

https://motion-gallery.net/projects/mamanoyakusoku

【イベント】12月19日映像+トーク/インド+日本 貧困をアートでぶっとばせ!!

2014年12月12日
photo_01
「よどがわダイバーシティ映画祭2014」最終日イベントに参加、映像を上映します。

【インド+日本 貧困をアートでぶっとばせ!!】
〜短編映画&トークの集い〜
〈日時〉12月19日(金)午後7時〜(午後6時半開場)
〈入場料〉1500円
〈場所〉シアターセブン
〈トーク出演〉阪口しほ(ボーンフリーアートJapan共同代表)
       増山麗奈(画家・映画監督)
徳丸ゆき子(大阪子どもの貧困アクショングループ)


ノーベル平和賞を受賞したマララさんで注目された学校に行けない子どもたちの状況。
インドでは一億人以上の子どもたちが学ぶ機会を奪われ、路上で働いています。
インドの児童労働の子どもたちと福島の少女とのアート交流の様子を描いたドキュメンタリーや、カースト制にも入ることが許されないダリットの人たちがトイレ掃除によっていのちを失う差別の状況を描いたドラマを紹介します。

また、六人に一人が貧困状態にあり、シングルマザーの半数以上が貧困に苦しむ日本も他人事ではありません。
大阪で子どもの貧困問題に取り組む徳丸ゆき子さんをゲストに向かえ、
日本でも広がる貧困の過酷な現状(学校に行けない 生活の破綻 食べ物がない)を教えていただきます。

お互いの状況をアートや表現を通じて知りながら、
助け合う社会をつくろう!というイベントです


       
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5階
「淀川文化創造館Theater Seven(シアターセブン)」
ご予約/お問い合わせ TEL/FAX: 06-4862-7733  
MAIL: ticket@theater-seven.com
主催/Theater Seven 増山麗奈 協力/ボーンフリーアートJapan


【上映作品】「ひらくアート」
監督 増山麗奈  
インドで、福島など日本とインドの子どもたち行った
アート交流のドキュメンタリー記録。4000人と行
った絵画制作、コンサートなど。
感じ合い、育み、こころをひらくアートの可能性。

【上映作品】「地獄の天使」 
監督 ジョン・デバラジ  
父親をトイレ掃除で亡くした少年キランを主人公に、
未だ続くダリット差別、カーストを超えた恋、
学校への思いなど 実話をもとにしたドラマ作品。

【動画公開】地球は1つ「今すぐ電気代を15%安くする方法」

2014年11月20日
photo_01

増山麗奈地球は1つ「脱電力会社 いますぐ15%電気代を安くする方法♪」
アーカイブ見れます

動画はこちら↓
http://www.ustream.tv/recorded/55676665


「脱電力会社 いますぐ15%電気代を安くする方法♪」
●九州電力+全国8電力会社が自然エネルギー買い取り拒否 約束違反
●米ぬかで綺麗になる〜地球とお財布に優しいアンチエイジング
●PPS(特定規模電気事業者)って何?大手電力会社以外の電力が安くてエコ
●自分が住む自治体をエコ電力に変えちゃおう
●2016年は私たちも電気会社を選べる時代が来る
●栗原丈さん作曲 新テーマソング完成!
●米ぬかで綺麗になる〜地球とお財布に優しいアンチエイジング
●PPS(特定規模電気事業者)って何?大手電力会社以外の電力が安くてエコ
●自分が住む自治体をエコ電力に変えちゃおう
●2016年は私たちも電気会社を選べる時代が来る
●栗原丈さん作曲 新テーマソング完成!
放送は以下で生で見れますよー

【イベント】11月23日(日)ヘイトスピーチのない社会へ

2014年11月18日
photo_01
ヘイトスピーチのない社会へ
~李信恵さんが在特会や保守速報から受けた人権侵害~


11月23日(日)午後2時〜5時

入場料 500円      
場所 討論Barシチズン

〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5丁目14-20 越前ビル1F
 *地下鉄堺筋線「恵美須町駅」  1-B出口より南に徒歩1分
お問い合わせ:06-6537-7672  留守のとき :090-9875-7157(西岡まで)

トーク  李信恵さん
李信恵(り・しね)さん
 在日韓国人ライター
「在日特権を許さない市民の会」
を大阪地裁に提訴。「反ヘイトス
ピーチ」裁判を行っている。

聞き手 増山麗奈(ジャーナリスト)
主催 古村剛

【動画公開】地球は1つ「自衛隊のことイラク人に聞いてみた」アーカイブ

2014年11月15日
photo_01
アーカイブで見れます!増山麗奈の地球は1つ「イラク派兵がもたらしたもの」
http://www.ustream.tv/recorded/55406262

2003年12月に、当時の小泉政権下で、自衛隊がはじめて海外の戦場に派兵されました。「テロか正義か」と世界中を脅迫するように始まったイラク戦争。
市民を含む15万人のイラク人死者を出しました。
しかし、戦争開始後、開戦の理由だった「大量破壊兵器」をイラクが持っている証拠は見つかりませんでした。
言いがかりで始めてしまった戦争に日本は先進国ではじめて賛成し、軍隊を送りました。
いまイラクでは混乱が止まらず、ライフラインである電気が途絶えたまま水が不足している状況で、宗派間対立により殺し合いが町中で行われいるひどい状況です。
自衛隊をイラクに送ったことで、イラク人の日本人に対する印象はどう変化したのか?集団的自衛権行使によりまたもや自衛隊が海外へ行く可能性が高い今、
イラクの人たちの声を集めました。

【イベント】11/23元自衛官の告白ドキュメンタリー完成試写会

2014年11月14日
photo_01
【歩く 特定秘密!暴け 戦場の真実!!】
イラク派兵中負傷を隠蔽された元自衛官ドキュメンタリー初公開+トーク

時間:11月23日(日)午後5時から~
場所:討論バーシチズン 


主催:古村剛 
問い合わせ シチズン
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5丁目14-20 越前ビル1F
*地下鉄堺筋線「恵美須町駅」 1-B出口より南に徒歩1分

お問い合わせ:06-6537-7672  留守のとき :090-9875-7157(西岡まで)

入場無料

●上映後トーク出演
 志葉玲(戦場ジャーナリスト)
 増山麗奈(画家・映画監督)


●映画【戦場の真実~イラク派兵中負傷を隠蔽された元自衛官の告白~】
        (増山麗奈監督・編集  古村剛・企画)初公開

「集団的自衛権が行使されたら、若者が戦場の被害者になってしまう!」イラク派兵中の事故を放置されたため、流動食しか食べれず、一日の大半を寝て過ごさなければならない重い後遺症に苦しむ元自衛官の池田頼将さんは、国を相手取り、事実を認め謝罪させるための裁判を起こし ている。秘密保護法施行、集団的自衛権行使など安倍政権が戦争への舵取りをすすめようとしている今、「戦場で何が起こるのか」を池田さんの告白、イラク市民へのインタビュー、戦場ジャーナリスト志葉玲氏のイラク・イスラム国解説などを交えわかりやすく伝える映像作品。

【イベント】12月6日京都で映画「ママの約束」上映会+インド報告

2014年11月13日
photo_01
ママの約束@京都上映会~インドで感じた「生きる力・アート」~

12月6日(土) 
午後2時から~「ママの約束」上映 午後3時半からインド報告
出演/増山麗奈 監督 りあん ひかり(インドツアーに参加)
入場料/800円 中学生以下無料(+カンパ歓迎)
場所/鳳徳会館
ほうとくかいかん 地下鉄烏丸線 北大路駅から徒歩2分
    〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町1
主催/アースアートファクトリー 協力/高松かよ 
問い合わせ info@renaart.com 080-6687-4118


Facebookページ
https://www.facebook.com/events/744559348950025/?pnref=story

「お金より命」の新しい生き方をみつけよう
 小出裕章(京大原子炉実験所)


元都民として福島にリスクを押し付けてしまったこと、イラクでの劣化ウラン弾の被ばくを心配して産んだことを娘に伝えた母、増山麗奈は「戦争や原発のない平和な世界をつくる」と娘と約束し、約束を守るため旅にでる。ドイツの廃炉や核のゴミ、福島の旧警戒区域の真実、福島の子と行ったインドでの文化交流、食とエネルギーの自給を目指す稲作への挑戦など、田舎も都会も笑顔になる豊かさをみつける地球サイズのロードムービー!
【出演】
小出裕章 山本太郎 藤波心 志葉玲
セバスティアン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会会長) 木田節子
オリバー・ストーン 河野太通 
武藤類子 佐々木るり 広河隆一
【編集】鵜飼邦彦 太賀慎一 増山麗奈
【写真・映像・資料提供】
広瀬隆 森住卓 ドイツ廃炉業者EWN社チェルノブイリへのかけはし 野呂美香

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=M09jmAYtJdo
https://www.youtube.com/watch?v=ZPF7hASOcOg

 
DVD&ブルーレイの販売も行っています。
90分 ドキュメンタリー 
DVD 3800円 (税込 上映権込)
ブルーレイ 5000円(税込 上映権込)どちらも別途送料500円

自主上映の場合 人数×500円別途
( 自主上映・DVDなどのお申込み)
アースアートファクトリー
080-6687-4118 info@renaart.com

[ 海外版制作、配給など活動費ご支援歓迎 ]
ゆうちょ銀行 振替口座 00970-4-202889 アースアートファクトリー
他金融機関から 店名 〇〇九(ゼロゼロキュウ)
当座 口座番号 0202889

【イベント】11月30日〜12月6&7日大阪でゲルニカを制作します!

2014年11月12日
photo_01
photo_02
増山麗奈が講師として参加するボーダーレスアート展でのゲルニカ制作のことが、
北摂・阪神・神戸のニュースサイトCityLife NEWSで紹介されました。
北摂・阪神・神戸のニュースサイトCityLife NEWS記事↓
http://citylife-new.com/2014/11/14267.html

アートワークショップ「アートでわくわく」巨大壁画キッズゲルニカを作ろう!
第1回 11月30日(日)14:00-16:30
第2回 12月6日(土) 10:00-12:00
第3回 12月7日(日) 13:00-17:00
対象:小学生以上 参加費:800円 定員:40名(先着順) 締切:11月20日(木)

1ボーダレスアート展チラシ(裏) 第1回はダンスセラピーで体と心をほぐすことから始め、どのような絵にするかを話し合う。第2回では下書き、第3回で色付けというように、3回を通してひとつの作品を仕上げる行程のため、全3回に連続して参加できる方の募集となっている。

思いきり絵が描けるように、当日は汚れてもいい服装で参加しよう!
会場:富田青少年センター2Fレッスンルーム
大阪府高槻市富田町4丁目15-24
お申込みは、タウンスペースWAKWAK(わくわく)
TEL/FAX 072-693-9005
Eメール:jinken@ba.wakwak.com
※@は全角にしてあります。半角に変えて送信してください。