NEWS

教育勅語とは?増山麗奈教育カフェ@高幡不動3・12

2017年03月07日 13:41:00
photo_01
増山れなの 教育カフェ
全ての学校が森友学園化?
安倍政権が目指す教育・・教育勅語って何?
○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜

3月12日(日)午後2時半〜
資料代:  500円 
場所:多摩カルチャーセンター(高幡不動駅すぐ)
〒191-0031 東京都日野市高幡3-10 遠藤ビル2階
TEL/FAX:042-371-2466
講師:永野厚男 (教育ジャーナリスト)
主催:アースアートファクトリー

○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜

関連街頭宣伝
3月9日(木) 17ー18時 高幡不動駅前にて

【内容】
安倍昭恵夫人が名誉校長を務めた森友学園、国有地を不当に安く仕入れ、それに政治家が関与していたかというお金の問題も重要ですが、
「安倍総理頑張れ 安保法制国会通過よかったです 日本を悪者にする韓国中国」と一方の政治思想を園児に押し付け、それを首相夫人、首相が「感動した」と容認、応援していたことも大きな問題です。
森友学園で、園児に朗読させていた「教育勅語」とは、戦時中に、天皇のために命を捨てるということを、刷り込ませる意味があり、
戦後は教育現場から外されてきたものです。
また、森友学園では昭和天皇の写真を学校に飾っていますが、
戦前昭和天皇の写真を紛失した学校の校長先生3人に一人が、自殺をした。火事の時は子どもの命より、天皇の写真を第一に持って逃げたそうです。
この先に、第二次世界大戦へと突き進んだ歴史があるのです。
(全ての学校が森友化?)
今、全ての学校に対しての法的拘束力のある「教育指導要領」の改定案の中で、教育内容の軍国化、”森友”化が進んでいます。
3〜6歳の幼児、7歳の生徒に対して国歌君が代を強要する、今まで中三にならないと習わなかった自衛隊について、賛否が分かれる戦争との関係は抜きに”自然災害に対して貢献する”と言う組織として自衛隊だけが唯一小4社会教わり、自衛隊をいいものとして刷り込ませていくといった改変です。
この改変に対して、3月15日まで、文科省がパブリックコメントを集めています。


子どもたちを戦争の犠牲にしたくない
一人一人の才能を引き出し、伸ばしていく教育を目指したい
そんな思いで
教育問題を数十年にわたって取り組んできた 教育ジャーナリスト
永野厚男さんをゲストに迎え、
増山れな教育カフェを開催します!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⭐︎ 勉強会、動画制作、配信などを通じて、
社会を変えていく増山れなの活動を応援してください
口座名:増山麗奈の未来を作るアート・取材活動を応援する会
ゆうちょ銀行:14260ー2 4104251
他銀行から
【店名】四二八 【店番】428
普通預金  【口座番号】0410325